2015年12月

ホバートから帰還し、チームに合流。チャイナタウンでクルーディナー。
After flying back from Hobart, I joined the team again and had crew dinner at a seafood restaurant in China Town.
2015-12-29-15-53-32
クルー全員安全に陸に戻りました。
Glad to see all are here safe.

急遽取った宿は、、、もはやロスでもシドニーでも定宿になりつつあるトラベロッジ。
そしてその向かいのバーで2次会。
The hotel we booked hastily is.....Travelodge! Yes this hotel chain is already our "home" both in Long Beach and Sydney. Some of us had drinks at a bar right across the street from the hotel.
2015-12-29-18-37-19
2015-12-29-18-50-49

明けて翌朝。回航組+αはマリーナへ。まだまだ貪欲な古川さん。
Next morning at the marina. Furukawa hasn't given up on the second fish here. 
2015-12-30-10-17-40
昼ご飯の残りのパンで釣り。かかったけど逃げられちゃいました。
He almost caught one with a small piece of bread, but it ran away. Almost!

回航+α組はホテルから一軒家に移動。
Delivery team moved from the hotel to a house with a nice garden and terrace. 
2015-12-30-13-13-13


2015-12-30-16-05-45

古川さんは庭でバリカン。
Furukawa having his head shaved. 
2015-12-30-13-13-04


テラスでサケダイスキが真剣なまなざしを向ける先は、
At the terrace, Ken is looking at his iPad with serious eyes.....
2015-12-30-06-46-32
競馬動画。Watching a horse racing!

今日はこの家でバーベキュー。
Mori getting ready for BBQ tonight
2015-12-30-13-13-19
包丁研いで気合い入るシェフ森。Sharpening a kitchen knife. Yes he's really getting ready for it.


2015-12-30-14-31-17
本日のニク。Today's meat.

2015-12-30-16-01-53
本日のビール。Today's beer.

ミシマ観光に率いられてパームビーチに行った3人組がお土産に買ってきてくれたワイン。
Some of the crew went to Palm Beach and brough this back
2015-12-30-16-42-17
ワイルドオーツ、かじります。WIild Oats being eaten.


Cheers!
2015-12-30-16-04-17

2015-12-30-16-04-33

2015-12-30-16-09-18
みんなでスタート時の映像を鑑賞
Watching the footage from the start.


2015-12-30-16-47-07


本日のごちそう。
2015-12-30-16-12-49

2015-12-30-16-15-06
what a feast!


オーブンこんなにデカいです。We don't normally see such a big oven in Japan.
2015-12-30-16-53-33


2015-12-30-16-32-15
ここに、我がチームの誇る炊飯器で炊いたご飯が加わり、一同狂喜乱舞。
食べ過ぎた!
We all got crazy when the white steam rice cooked by our proud rice cooker was added to these feast. Needless to say, we got so full!

2015-12-30-19-09-44

 Good night. 

一旦はホバート行きの飛行機をキャンセルしたのですが、レース委員会が手配した特大コンテナに積み込んだクルーの荷物がホバートに到着するので、それを取りに行かなくてはいけない!ということで結局ホバートに一人で飛びました。この話はまた後日落ち着いてから。

ホバートに荷物捌き目的で飛んだのですが、もちろん相手があることなので夜は何もできません。

やっとの思いでクルーがシドニーに到着しただろうに、ホバートでヘラヘラしてていいものかと思いながらも、どちみち日中にやれることはすべてやったので、引きこもっている理由もなく、「せっかくだから」ホバートの夜を楽しみました。

ラガマフィン関係者の友達がすでにホバート入りしていたため、その子と一緒にワインフェスティバルをうろうろしつつ夕食。

そうこうしているうちに、ラインオナーのComancheフィニッシュの一報が。もうすでにハーバーは人人人。オーストラリア人みんなでかいから、香港人の友達と日本人の私はぜんぜん様子が見えなかった。

ラインオナーがお出迎え受けるには完璧なタイミング。天気の良い日の夜、10時半過ぎ、みんなワインフェスティバルやハーバー沿いのバーでいい気分になったいい時間帯。黒山の人だかり。酔っ払ってクレイジーになったオージーの人だかり。

アメリカから来たComancheは夫婦の共同オーナー。奥さんだけ乗ってたみたいです。奥さんは元モデル(いまも、なのかな?)。オーストラリア出身で、このシドニーホバートは憧れのレースだったそうです。一緒にいた友達が、ルックスも良くて、お金持ち(シリコンバレーの起業家)と結婚して、ステキな「おもちゃ」を買ってもらって、シドニーホバートにも出れて、彼女はすべて持っている羨ましい!!と叫んでた。確かにね。

ラインオナーを獲得した初めての女性オーナーだそうです。


2015-12-29-05-16-48
写真は翌朝のComanche 



その頃Ragamuffin100とRamblerは2位3位争い。風がなくてETAがコロコロコロコロ変わります。28日の昼間の時点ではETA29日午後。私がシドニーに戻る飛行機が2時過ぎなのでラガマフィンのフィニッシュ見られないかなーなんて思ってたけど28日の夜になったらETA翌朝6時とか。

次の日朝6時前に起きたらETAが6時半とかになってたので急いでドックに行ったらまた変わってて8時過ぎ。ハーバーの海面は鏡。


2015-12-29-06-16-34

お迎え組は朝からビール。


ラガマフィンがFacebookに、Ramblerが目と鼻の先を帆走る写真を投稿。しばらくすると予想通り2つのセールがほぼ同時に見えました。
2015-12-29-06-17-33
黒っぽいのがRambler。グレーがRagamuffin100。二つとも同じくらいの大きさに見えます。Ragamuffin100の方が船体が大きいので、普通に考えるとRamblerが先行?
未だ分からないのが、公式サイトのラインオナーのスタンディングで、Ragamuffin100の方がETAが早いのになぜかRamblerが2位でRagamuffinが3位と出てることが。なんでだろう?着順なのに。

ストラテジー通りほぼ同時にタック。

見てるこっちはドキドキ楽しい展開。3日かけた外洋レース、最後の最後自分の目で観れる海面でデッドヒートが繰り広げられる。風が少し上がってきたかな、というその時、RamblerがSandy Bayの方に向かってタック。
2015-12-29-06-34-21


あれよあれよという間に少し飛び出した陸地の影に見えなくなりました。

Ragamuffin100は変わらず、フィニッシュラインに向かって直進。
2015-12-29-06-46-05

Ragamuffin100がどんどん近づいてきます。でも Ramblerどこにいるのかまだ陸地の影で全然見えません。Ragamuffin100がフィニッシュする直前、建物の間にRamblerのセールが見えました。
 
 
2015-12-29-06-47-02

接戦を振り切って最後は2艇が私たちの前に現れた当初よりかなり引き離してのフィニッシュ。

2015-12-29-06-47-46
目が離せないフィニッシュ接戦でした。

ちなみに、Ragamuffin100のオーナーのシドフィッシャー氏は88歳。今回でシドニーホバート出場48回目。週の半分はまだ仕事に出勤してるそうです。そして週2回のジム通い。ランニングしたりウエイトトレーニングしたり。レースに出るレベルの身体が作れてないならレースには出ない、そうです。うちのチームのメタボ気味の人たちに聞かせてあげたい心構えです。そして私も耳が痛い。

さっき読んだ記事には記者に「来年も出るか?」と聞かれたスキッパーのウィッティが「If he is stupid enough to keep going then so am I」と答えたのに対し、シドが「If I am still as stupid as I am now, I suppose I will」と続けてました。こういうチーム、好きです。


ところで、3年ぶりのホバートはとても変わっていました。以前はちょっぴり殺伐としていたドック。今は新しくレストラン数軒そして立派なフェリーターミナルができていました。MONAという美術館に行くフェリーの乗り場。私の友達はシドニーホバートにレースの付き添いで来るたびに毎年訪れているそうです。とにかくユニークらしいです、この美術館。どうゆう風にユニークかは、、、、ぜひ公式サイトを訪れてください。この美術館の創設者はこの美術館のことを「subversive adult Disneyland(破壊的な大人のディズニーランド」と呼んでるそう。ちなみにこの創設者、プロのギャンブラーです。競馬やその他のスポーツに賭けるときの方法(?ていうのかな)を編み出し、それで一儲けしたそうです。

たった30分の乗船時間なのにフェリーの上にはバーがあるとか。そして、美術館にはステキなカフェがある、と。アートに興味なくてもフェリーで島に渡るだけでも価値があると、友達が言っていました。もしホバートを訪れることがあればぜひ。そして、私のハイキングツアーに来てたオーストラリア人のお客さんが、タスマニアは良いハイキングコースがたくさんある、とも言ってました。

タスマニア観光はまたいつか!



facebookでお知らせしたように、そしてレースのオフィシャルtwitterでも流れたように、KLC Bengal7はレースをリタイアしました。メインセールとエンジンのダメージが主な原因ではありますが、それらが直接の原因ではなく、今後の安全面を考えてのリタイアとのことです。船体、クルーともに良好。現在シドニーに向かっています。
As I announced on our facebook page and you can find it on the race official twitter, KLC Bengal7 decided to retire the race this afternoon. The damage to the main sail and the engine is the main reason but it's not the immediate cause. They made their decision considering the future safety. The boat and crew are all safe and good. They are sailing toward Sydney now. 

今日の朝、昨日のスタートのことをブログに書いていたのですが、完成する前にホバートへの飛行機の時間がせまってしまい、公開することなくリタイアの知らせを聞きました。。。
This morning I was writing this post about the start yesterday, I had to leave in the middle to head to the airport to fly to Hobart. Then I heard the news at the airport and didn't have chance to post this article....

かなり色あせてしまった内容にはなりますが、頼もしく出航していったクルーの様子と、とてもよかったスタートの様子をお伝えしたいので投稿します。
However the situation changed, I post this as crew showed us a great start and i want to show it off to as many people as possible.....

-------------
速報性をfacebookに頼り、更新が1日遅れましたが、現地時間12月26日13時(日本は11時)、レーススタートしました。
At 1300 December 26th, the race from Sydney to Hobart started.

 2015-12-26-07-21-09
ヨットクラブはクルーや家族、そして一般の「シドニーホバート好き」の人達でごった返し。
The yacht club was packed with crew, their families, and "Hobart Race fans". 

ホバートへ送る荷物の段取りをして、一息ついたクルー達は。
これから世界有数の手強い海峡を相手にレースをする大の男達がのぞき込んでいるのは、、、
Those guys who are going to battle with one of the most harsh strait, are peeking into
2015-12-26-07-27-14
ホースが新しくなったトイレ。使い方を再度確認中。 
これ、重要なんです。ちゃんとポンピングしないと、海からの水圧が高い時、汚水とブツが逆流してくるんです。マンホール噴射、的な感じをイメージしてください。(実際目にしたことは私はありませんが)
Toiket! with a new hose to learn again how to use it. It's important really. If you pump proper times,  


2015-12-26-08-22-43
差し入れでいただいたおいなりさんを食べながら最後のウェザーブリーフィング。
Final wether briefing before the race with eating oinari-san (sushi rice coverd with sweet flavored deep fried tofu bag)

2015-12-26-08-24-11
以前50ノットの予報は変わりません。ウェザーマンからは、沖よりを行った方がいいとアドバイスされました。陸に近づきすぎると2日目以降に風が軽くなる、と。
Same forecast, 50kt is coming. 

2015-12-26-08-30-45


2015-12-26-08-41-17
Skipper: Yoshihiko Murase, Sailing Master: Yoichi Ito, Navigator: Haruhiko Mori
Yutaka Takagi, Yasuyuki Hirano, Yasuharu Ando, Norio Igei, Umihiko Arakawa, Fuminori Furukawa, Takahiro Mishima, Takeshi Hara, Yukihiko Arakawa, Masahiro Nagao, Tota Nakane, Yoichi Yabe
以上15名でホバートへ向かいます。


2015-12-26-08-40-46
報道陣にたくさんのカメラを向けられています(あ、身内か。。。)
A lot of media people facing their cameras to our crew (actually they are our friends and families...)


2015-12-26-08-39-49
日本から駆けつけてくれた家族とヨット仲間、そしてオーストラリアに住んでいるクルーの親戚&お友達の応援隊と一緒に。
With crew's friends and families from Japan and from Australia!


 
2015-12-26-08-16-27
 前回はプレスボートからの撮影だった矢部さん。今年はオンボードです。どんな迫力ある写真が見れるのか楽しみ!
Mr Yabe is on board this time. He took fabulous photos last time from  media boats at the start and the finish. 

2015-12-26-08-45-32

2015-12-26-08-46-32
いってらっしゃい!!
Good luck!!


で、私たちは観覧艇に移動。Then we moved to the spectator boat
2015-12-26-09-53-29
おなじみのチェックインの光景。各艇ストームジブとトライセルをあげて本部艇の前を通ってチェックインします。
The boats have to check in with storm jib and trysail before the race at the committee boat. 

2015-12-26-10-10-41
毎年話題の中心、そして8回のラインオナー(フィニッシュ1着)を取っている100フィート艇ワイルドオーツ。昨日の夜(現地時間11時)、メインセール破損によるリタイアが発表されました。衝撃的。
Always the center of the attention, 100ft Wild Oats that has a record of 8 times linehorners. 
They retired the race last night around 1pm, the main sail damage. Shocking. 


2015-12-26-10-40-25
左海面がレース艇。右海面が観覧艇。
このレースはシドニーの人達にとってボクシングデー(クリスマスの翌日)の風物詩。テレビ等も含め60万人がスタートを見ていると言われています。
Competitors on the left side, spectators on the right side. It's the famous picture in Sydney on Boxing Day. 600,000people watch the start (including in front of TV)

2015-12-26-10-50-05
マニューバリング中のKLC Bengal7の姿が。今回は北、真ん中、南、とスタートラインが3つに分けられていて、Bengalは一番北のスタートラインからのスタートです。
Bengal7 waiting for the start signal in the middle of this picture with a squre white sticker on the main. This year, three start lines are set (north, center, and south)  and Bengal starts from the North start. 


2015-12-26-11-01-03
スタート直後の様子。でかい船に囲まれながらかなりいいスタート切りました。
Right after the start. We made a good start!

2015-12-26-11-05-27
私たちの乗った観覧艇の前を通り過ぎて行きました。
Bengal (right) sailing pass our spectator boat. 

2015-12-26-11-08-05
観覧艇はこんな感じ。One of the spectator boats. 

2015-12-26-11-08-12
フリートを追いかけて見物船も湾の入り口に押しかけます。
Spectator boats chase the fleet to the entrance of the bay.

2015-12-26-11-08-19


2015-12-26-11-24-53
外洋に出て行くフリート。The fleet sailing out of the bay

スタート時の写真動画をfacebookにあげてあります。
Photos and movie from the start.
 

メリークリスマス!
24日までごった返してた街中が急に静になりました。前回の経験から想定の範囲内です。ほとんどのお店が開いてません。

Merry Christma from Team Bengal1
The city suddenly got quiet after the busy busy pre holiday chaos. Yes we knew it from the last time. Most of the stores in the city are closed. 

今日は午後からCYCAに集合。昨日に引き続き快晴。日差しが刺さります。
We got together at CYCA in the afternoon doday. The weather was so nice although the sunlight is a bit harsh on us. 
 2015-12-25-11-58-12


船上でミーティングです。Had a team meeting on the boat. 
2015-12-25-12-07-55


PLBの操作方法の確認はじめ、安全に関することはしっかりと確認します。
We especially took time to reaffirm safety related stuff such as how to use PLB. 
2015-12-25-12-13-09


シドニーホバートレースでは安全に関する環境は徹底的に整備されてます。そのうちの1つがロールコールの回数の多さと指示の細かさ。
1日に3回のロールコールとさらに1回のListening Scheduleという通信傍受の義務があります。ロールコール忘れると20分のペナルティ。2回目からは40分ずつ。また、特定の船のロールコールが2回連続なかった場合は、全フリートの協力のもと捜索体制の初期段階に入ります。
In this race, there are so many regulations on safety related things. One of them is the radio report. A boat needs to complete a radio report three times a day and listening schedule that a boat basically listens to what the official says once a day. So four times a day in total. If a boat fails to complete a radio report for the first time she gets 20mins penalty, then after the second time 40mins penalty for each time...Also if the committee doesn't hear from a boat for two times in a row, initial search proceadure will take place. 

船上生活の注意点などのアナウンスのあとには、いよいよ気象情報の共有。
After "how to live on the boat" explanation, finally weather briefing.
2015-12-25-13-55-35
北寄りが吹くスタート当日は、湾内のスタートは上り、湾を出たら南下するのでダウンウィンド。その後、その日の夜遅くから翌日の同じような時間帯まで強風上り!ぎょえ。で、オーストラリア大陸を南に抜けたら、東西から2つの高気圧に挟まれるので、その真ん中をすり抜けたいなー、なんて感じらしいです。現時点でのETAは29日昼ごろ!あくまで現時点、です。それでも毎度毎度ETAに一喜一憂するのが楽しいんですよね。妄想大会が盛り上がるのもETAが主役の時が多いです。
First start with N, so the start will be upwind, then after getting out of the bay, we will sail with down wind till the late night 26th. From there......24hrs of strong S which means upwind. Oh ya good luch team! After sailing pass the continent, we will meet two highs on our W and E, so we need to sail through between those two. ETA as of today is around noon 29th. You know this is "AS OF TODAY"!!


そのあとに、アフターガードチームがセールチョイスのミーティング。
Afterguard meeting to discuss the sail choice. 
2015-12-25-15-03-30


今回のワッチはこんな感じ。Watch group will be like this on the chart. 
2015-12-25-15-20-14
あ、クルー紹介は明日の投稿でする予定です。
I'm planning to introduce race crew in tomorrow post. 


2015-12-25-14-42-27
今回の回航から新しくなったトイレのホース。半透明になりました。私はまだ実際使ってないから分からないけど、ブツが流れていくのが見えるそうです。30回ポンピングするように!とよく座長が口を酸っぱくしてクルーに言ってますが、どうやらそれを自分の目で見て実感できるようです。30回ポンピングしないと便器→船外へ排出されないみたい。
The toilet hose was renewed. It's translucent. As I haven't used the toilet yet since it was renewed, I heard you can actually see how your "thing" goes thru the hose. You'll realize how important it is with your two eyes what Ando the delivery captain always says "pump at least 30 times after you finish!!"  With less than 30 pumps, "it" does not go ouf to the ocean. 


2015-12-25-14-44-47
痛まないように厳重につり下げられたバナナ。船上での食料の地位は陸上でのそれに比べ格段に高いのであります。
Banana hung in the cabin in order not to go bad. You know the position of bananas is much higher on the boat than on the land. 


そうそう、メインのリーフ作業の時に、メンハリのロック解除作業でトリップコードを引くのに、キャビン内のマストの横にクルー1人を張りつかせなきゃいけなく、人手をもったいないことしてたので、カムをつけました。
We installed a new system to pull the trip code for the main halyard lock. We wasted one crew standing there to pull the trip code when we reef the main sail. 
2015-12-25-14-42-15
写真の右下です。私がいない間に、このシステムの名前が「まゆこ」と命名されていました。オーナー含め、各々命名の背景をなんだかんだと言っていましたが、要は3年前の回航の時、メンハリロック解除の担当が私だったから、ってそれだけです。16人目として私もレースに乗せていただけるとのこと、光栄です。
Can you see the camcleat at the bottom with blue lanyard? This system was named "Mayuko" while I was not there. Ya, I was always at this position when we were delivering the boat for 10 monts. I'm glad that they will take me to the race as the 16th crew. 


濃いミーティングを終えて今日は解散。いよいよ明日です。
After the long meaningful meeting, we called it a day. The race finally starts tomorrow. 
2015-12-25-15-47-26


私は今日まで住んでいた、回航クルー+αが住んでいた一軒家を出て、後から到着したクルーが泊まっているホテルに移動。兄貴やパパたちとの別れを惜しみつつホテルにチェックインしたら、リュックのデザインが変わってました。白いリュックに黒のアクセント。おにぎりみたい。しらない間にやられてた。
As I left our "house in Sydney" where delivery crew have lived for weeks, it seemed I got a farewell gift from them. When I arrived at the new hotel, I realized my backpack turned into a rice ball with seaweed. 
2015-12-25-16-19-17

たしか以前ショートパンツのお尻が裂けた時は、これで直しなよと言われ同じくリペアシートを使った気が。リペアシート大活躍です。
I remember I also received a sail repair sheet from the team three years ago to repair the rip on my shorts butts area. 


今日は25日。いつもは賑やかなキングスクロスも人通りがまばら。もちろんレストランもほとんど休み。なんとかみつけたタイ料理にありついて帰ると、回航組の家から写真が送られてきました。

After I came back from the dinner at a Thai Restaurant that was one of the rare stores opened today on Christmas, I got pictures from "the house".
2015-12-25-17-39-45
写真とともにサケダイスキから送られてきたキャプション
「オヤジのクリスマスinシドニーの一軒家.....平均年齢46歳」
Caption to the photos written by Ken
"Mid aged guys Christmas in our house in Sydney.....average age is 46!"

2枚送られてきたのでせっかくだから2枚とも!
2015-12-25-15-56-44

いよいよ明日はレーススタート。天気は良さそう(陸組の私がいう「良さそう」は風向風速の話ではなく、雨が降らないって意味!)
OK, totally ready for tomorrow. The weather looks good. When I, as shore crew,  say "good", it doesn't mean wind speed and direction on the sea. I'm just saying it's gonna be sunny!


Mayuko

12月23日

バウナンバー貼り付け完了。
2015-12-23-09-42-30

前回は何も希望を聞かれぬまま、レース委員会のご配慮で(たぶん)、7番をいただきましたが、今回は希望を聞かれる段階で7番が既に常連に取られていました。じゃ77番!といったら他の船に取られてましたこれもまた。107はどう?って言われたので107になりました。ま、レース中の写真を見たときに2012年出場時か2015年かがすぐわかっていいよね、ということで結果オーライ。


オーナーも到着し、City Marineのランチルームで昼食。
2015-12-23-10-19-59

マリーナの隣のカフェテリアからテイクアウト。後から知ったのですが、このカフェテリア、今日で店じまいだそうで最終日でした。どおりで陽気なパパがいつもに増してやたらと話しかけてきたわけだ。

レースクルーはいままで係留していた、RagamuffinのオーナーSyd Fischer氏が経営するSydney City Marinaからレース主催クラブのCYCAへ回航がてらテストセーリング。本日朝ピックアップしたてのおニューのメインセールのテストをしつつ。ちなみにいままでメインセールは3-4人で運ばなきゃ重すぎて運べなかったのですが、なんと新しいものは2人で運べる!軽い!


明けて12月24日。クリスマスイブ。全然そんな感じがしません。
印象としては3年前より町がクリスマスに浮き足立ってない。車の上にトナカイの角のせた車が少ない。町のデコレーションもクリスマスをそこまで感じさせない。当時より景気が悪くなってるのが原因なのか?というのが私たちの見解。

この日はレースブリーフィング。
2015-12-24-07-03-15

いつものようにメディアもたくさん。SIに書かれている内容の念押しなのですが、レスキュー体制の詳しい説明が強調されてたり、ウェザーブリーフィングでも「見物/観覧の人達にはいいコンディションになる」的なことを何回かいってたりと、参加艇のためのアナウンスというより、テレビの向こう側の人達を意識したブリーフィングだなぁと感じました。

で、今日も海に出て練習。の前にミーティング。
2015-12-24-09-07-37
回航組と冬の日本でギリギリまで仕事をしていた人では肌の色が全く違います。


久しぶりにセーリング日和の快晴(ていうか私が到着していらい初の晴れ)。


2015-12-24-09-35-42

2015-12-24-09-42-12


2015-12-24-10-04-27


2015-12-24-11-32-01


2015-12-24-10-22-55
2016年にはまだ早いですが、我がチームの身軽なラテン系のお猿さん。腰に紐をくくりつけられているあたりが、猿回しを連想させます。紐を持つ調教師はどこぞの国の部族の酋長。

そして今日はクルーディナー。和食です。
2015-12-24-17-02-03


マスターの奥様が大のシドニーホバートファンで、スタートを湾の内側向きの岸からみたあと逆側にまわって外洋に出た後のフリートも観に行くという筋金入り。興奮して歓迎してくださいました。
2015-12-24-17-16-17


クリスマスってことでトナカイの角つけた白バイならぬ白チャリのおまわりさんと記念撮影。
2015-12-24-20-57-40
警察官に写真撮ってってお願いできるのは外国人の特権。


解散後、夜のキングスクロスに消えていった人も何名か。。。。


Mayuko

今日のセーリングの動画と写真アルバム

Pre race practice 24th December

Posted by Bengal7 on 2015年12月24日









↑このページのトップヘ